3月事業レポート

3月講師例会  テーマ:地元の耕作放棄地を救う産業用太陽光発電とは?

3月講師例会



2014年3月20日(木)午後8時~ 岩出市商工会館2階会議室にて3月講師例会が開催されました。

橋爪勝利理事長の挨拶です。復興支援フォーラムが先々週福島にて開催され、理事長が参加された報告を交えての挨拶をしていただきました。




3月講師例会



我らが総務広報委員会 柴田喜則君の3分間スピーチです。

この3月講師例会の企画者です。ということで柴田君が中心になりこの3月講師例会を開催しました。なぜこの講師例会を企画したのかという事を3分間の間にまとめて、スピーチしてくれました。




3月講師例会


本日、講演いただきました講師 平岡先生です。

有田川町より本日の例会のために仕事で忙しい中お越し下さいました。和歌山という場所は、日照時間が全国的にも上位で、土地の単価が安いというところに目をつけ、地主が管理しきれなくなり、荒れてしまっているような土地を何か有効活用出来ないかと産業用太陽光発電に目をつけられた講演内容をお話していただきました。




3月講師例会



この青年会議所には経営に携わっているメンバーが多数いるので、みんな興味を持ち、真剣に講師先生のお話を聞いていました。本当に今後に向けて参考になるお話でした。




3月講師例会



講演終了後、質疑応答の様子です。

会社を経営する立場としての、新規事業に関する質問や、JCメンバーとしての地域活性につなげる発信方法など、さまざまな質問が飛び交いました。




3月講師例会



酒井大介監事による監事講評です。

やはり、会社を経営する立場に携わっている方なのでその目線からと、JCメンバーとしての地域活性化につなげれる本当に勉強になる講演を聞けたので皆さんも今後につなげていってもらえるようがんばってくださいと講評してくれました。